神田正輝、裕次郎さんは「威厳、貫禄があり石原プロのお父さんのような存在」 栃木・宇都宮で「石原裕次郎の軌跡」展

(左から)金児憲史、神田正輝、徳重聡
(左から)金児憲史、神田正輝、徳重聡

 石原軍団所属の俳優・神田正輝(68)、徳重聡(41)、金児憲史(41)らが10日、栃木・宇都宮で「石原裕次郎の軌跡」展の初日イベントに出席した。

 昨年から行われている同展は4カ所目で、初展示となるのは、まき子夫人が裕次郎さんの誕生日に贈った「いかりのペンダント」。ハワイのヨットハーバーに落とし「裕次郎さんのヨットクルーで、100回くらい海に潜り、必死に探し当てた」と懐かしんだ。その上で「石原さんは威厳、貫禄があり石原プロのお父さんのような存在でした。普段は、いつも笑っていて、険しい顔を見たことがない。本当に明るくて太陽のような人だと改めて思いました」と話した。他にも、貴重な台本の中に書かれた直筆のメモも展示されている。

 87年に死去した俳優の石原裕次郎さん(享年52)に会ったことのない徳重は「この世界に引き入れてくれた恩人です。一度でいいから会ってみたかったです」と話し、「映画『黒部の太陽』の撮影で実際に裕次郎さんが着用していたヘルメットが最近になって見つかり、それを展示しています」。

 金児も「知れば知るほど、包容力、男らしさを感じます。僕自身、昨年石原裕次郎さんの歌で歌手デビューさせていただいて、PVで裕次郎さんが実際来ていたコートを着用させていただきました。衣装は、ご自身でデザインしていて、とてもカッコ良いです」と展覧会をアピールした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請