三宅裕司、結婚発表の佐藤仁美に「ウソをつかないこと」と円満のこつを助言 「ひよっこ」で共演

三宅裕司(左)と小倉久寛
三宅裕司(左)と小倉久寛

 俳優の三宅裕司(68)が10日、東京・サンシャイン劇場で、劇団スーパー・エキセントリック・シアター創立40周年記念公演「ピースフルタウンへようこそ」(10月11~27日、東京・サンシャイン劇場)の公開稽古に小倉久寛(64)と出席した。

 40周年の節目を迎え、三宅は今作に力を注いでいるかと思いきや「力は入ってないです。力んでしまうとよい作品は出来ませんから。いつも通りに面白い作品を作ろうと心がけました」。小倉は「売れてない頃の彼(三宅)を見つけて、しがみついてきました。これが続くと良いなと思います」と、これまでを感慨深げに振り返った。今回は「幸福」をテーマに、ミュージカル・アクション・コメディーという独自ジャンルの笑いを盛り込んだ。進化し続ける三宅は「80歳まで現役で舞台を続けたい」と抱負を語った。

 2017年に放送の連続テレビ小説「ひよっこ」で、10日に結婚を発表した佐藤仁美(40)と共演。「コメントを出せる程、共演していませんが」と謙遜しつつも、「現場でもすてきで(結婚出来て)本当によかった。お笑いも好きそうだし、家庭に入って性格がガラッと暗くなる人ではないと願ってます」と祝福。円満のこつは「ウソをつかないこと」とアドバイスした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請