社会人日本代表・小深田が先制ソロ、スカウト「打撃技術は近本と遜色ない」

◆練習試合 侍ジャパン社会人代表2―1JX―ENEOS(10日・JX―ENEOSグラウンド)

 アジア野球選手権(14日開幕・台湾)に臨む侍ジャパン社会人代表でドラフト上位候補の小深田大翔内野手(24=大阪ガス)が、川崎市内で行われた練習試合のJX―ENEOS戦に「2番・遊撃」で出場し、先制アーチを含む2安打2打点と躍動した。

 身長168センチと小柄ながら、グリップを深めに引いたトップから鋭く振り抜いた。初回1死。真ん中高めの直球を引っ張り、右翼の防球ネットまで運んだ。「社会人になってからボールとバットの距離を取るフォームにして、長打が出るようになった」。6回無死二塁では左腕から中越え適時二塁打。チームの全2打点を挙げた。

 大阪ガスの先輩である阪神・近本をほうふつとさせる左の好打者を、6球団22人のスカウトが視察。神戸国際大付、近大時代から見つめる中日・米村スカウトチーフは「打撃技術は近本と遜色ない。パンチ力は上かも」。日本ハム・山田スカウト顧問は「2位までに消える」と称賛した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請