【阪神】糸井 左足首の手術を終えて退院 プレーオフ中の復帰消滅

阪神・糸井
阪神・糸井

 阪神は10日、糸井嘉男外野手(38)が東京都内の病院で「左足首の関節鏡視下クリーニング術及び靭帯補強術」を無事に終え、9日に退院したと発表した。

 糸井は8月9日の広島戦(京セラD)で二盗を試みた際に患部を負傷した。その後、同箇所の腱(けん)に若干の損傷が判明。CSでの復帰を目指して兵庫・鳴尾浜の2軍施設でリハビリを続けていたが、手術に踏み切った。

 これで巨人とのCS最終Sはもちろん、日本シリーズに進出した場合も復帰はなくなった。清水ヘッドコーチは「心配だよね。早く治して(来年の)春のキャンプにはベストで来てほしい」と話した。

 移籍3年目の今季は103試合に出場し、チームトップの打率3割1分4厘、5本塁打、42打点だった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請