やはり登竜門(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。さてさて、週末の競馬開催は一体、どうなるのでしょうか。なんて思いつつ、今日もパッチパチといきましょう。

 さて、今日は他社の後輩クンが当ブログのことで一悶着あったらしいという話を長すぎて、時間がなくなったため、前振りゾーンは省略。というのは冗談で、仕事で非常に忙しくなりましたので、早速、本題へいきます。今日はネットの記事でも書きましたが、池江厩舎の【アルジャンナ(牡、父ディープインパクト)】の次走が東京スポーツ杯2歳Sに決まりました。鞍上は引き続き川田J。前走は全くの馬なりで圧勝しましたが、「熱中症に近い症状で、能力を発揮できなかった」と池江調教師は振り返ります。現在はノーザンファームしがらきに放牧中ですが、「さらに良くなっています」と成長を感じています。ここは友道厩舎の【ラインベック(牡、父ディープインパクト)】との戦いになるはず。ディープな一戦となりそうです。

 その池江厩舎は来週の京都芝1800メートルに【ウォルフライエ(牡、父ディープインパクト、母ニンフ2)】が出走予定。こちらは「まだ、ちょっとモッサリしている。動き切れていない感じ。長くいい脚というタイプなので、どこまで走れるかですね」と使いつつ、どこまで上向いてくるかという感じでしょうね。

 さて、ラインベックの友道厩舎では【ポタジェ(牡、父ディープインパクト)】が黄菊賞に向かうことが決まりました。鞍上は川田J。初戦はまだモサッとした感じで、「競馬場でボーッとしていて、まだ競馬を分かっていない感じ。距離が延びるのはいい方に出るんじゃないかな」と友道調教師は話していました。まだまだ幼さ全開のデビュー戦から、どれだけ上積みを加えてくるか。成長が楽しみな一戦です。

 続いては池添兼厩舎。りんどう賞で2勝目を挙げた【ヤマカツマーメイド(牝、父ロードカナロア)】はファンタジーSに向かうことになりそうです。引き続き、実績のある距離でどんな競馬を見せてくれるのか注目ですね。

 さて、今週に入ってからの目についた入厩馬たちを紹介していきましょう。今日の栗東には池江厩舎でかつてのPOGで人気を集めたサトノグロワールの下にあたる【サトノシャローム(牡、父ロードカナロア)】が、角居厩舎でトーセンカンビーナの全弟になる【ファルコニア(牡、父ディープインパクト、母カンビーナ)】が入ってきましたね。すでにゲート試験に合格しているファルコニアは11月3日の京都芝1800メートルでのデビューが視野に入っていると、クラブのHPに書いてますね。

 清水久厩舎にはステイフーリッシュの弟になる【ヴィクトリーレーン(牡、父ヴィクトワールピサ、母カウアイレーン)】が本日、入ってきたようです。あと、昨日はステラウインドの下になる【ムーンライト(牝、父ハーツクライ、母ビーウインド)】も栗東に入ってきたようです。さらに北海道ですでに勝ち上がっている安田隆厩舎の【レッドヴェイパー(牡、父キンシャサノキセキ)】と藤原英厩舎の【ミヤマザクラ(牡、父ディープインパクト)】が栗東に戻ってきましたね。また、話を聞いておきます。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請