歌手の小林幸子が網膜剥離で手術 眼帯したまま「幸子米」脱穀

小林幸子田で米を脱穀する小林幸子(左)と中川翔子
小林幸子田で米を脱穀する小林幸子(左)と中川翔子

 歌手の小林幸子(65)が10日、新潟・旧山古志村(現長岡市)にある「小林幸子田」で脱穀作業を行い、先月下旬に右目が網膜剥離にかかり人生初めて入院したことを明かした。

 2004年の中越地震復興のために始め、今年で14回目の脱穀。この日は眼帯を付けて山中へ。段差で遠近感を失い、時おり関係者に手を引かれながら米を脱穀機へ投入した。

 小林によると9月下旬に飛蚊症のような症状が現れ、数日後には「視界中がタピオカだらけのよう」に。24日に都内の病院で眼球にシリコンオイルを使って手術。26日まで2泊3日入院した。「生まれて初めて入院しました。一日中うつぶせでいないといけない日があって大変でした」と振り返る。

 右目の視力が1・0から0・07に落ち「見るもの全てが(ぼやけて)クリスマスツリー状態」。退院後の29日には佐賀県で「NHKのど自慢」(日曜・午後12時15分)に生出演するなど術後の経過は良好という。

 この日も約20人の地元小学生から励まされ「元気もらったからすぐ治っちゃいそう」と笑顔。約200キロのコシヒカリが脱穀された。5月の田植えも手伝ったタレントの中川翔子(34)も「目は心配ですけど、幸子様は最後までご自分でされて…素晴らしいお方です」と感動していた。

 網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜が加齢や打撃などの外的要因ではがれる病気。網膜には目に見えたものを信号に変えて脳に送り役割があり、視力が低下する。放置したまま進行すると失明することもある。糸くずや蚊が飛んでいるように見える現象から始まることが多い。樹木希林さん、辰吉丈一郎らがかかったことでも知られる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請