押切もえ、初プロデュースのジュエリーを披露。「ずっと憧れだった」

初プロデュースしたジュエリーを披露する押切もえ
初プロデュースしたジュエリーを披露する押切もえ

 モデルの押切もえ(39)が10日、都内で初めてプロデュースしたジュエリーブランド「ルミナリュール」の発売記念会見を行った。

 「特別な日も、普段の日も最高の自分をくれるJewelry」をテーマに自らデザインも手がけ、国内の職人の技術で完成させた。ネックレス、ピアス、リングなどを身につけた押切は「ジュエリー作りはずっと憧れだった。2年前から企画して、デザインでつまずいたこともあったけど、信じてきて良かった」と無事に完成して安どの表情を見せた。

 「ジュエリーは女性を輝かせるもの。自信を持たせてくれる」。この数年間で結婚、妊娠、出産という人生の節目を経験し、「より安心、安全なものを求めるようになった」と心境の変化も明かした。夫の千葉ロッテ・涌井秀章投手(33)からも好評で、この日の朝、自宅で「きれいだね」と絶賛されたという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請