【川崎】採点&寸評…鹿島に先勝。約3か月ぶりに実戦復帰のMF大島が躍動

鹿島戦の川崎スタメン
鹿島戦の川崎スタメン

◆ルヴァン杯 ▽準決勝1回戦 川崎3―1鹿島(9日・等々力)

 川崎はホームで鹿島に3―1で逆転勝ちした。1点ビハインドの前半27分。MF守田英正のプロ初得点で追いつくと、後半34分にはMF大島僚太が約3か月ぶりに実戦復帰。直後に、MF脇坂弾の起点になるなど躍動し、逆転勝ちに貢献した。

採点、寸評は以下の通り。

鬼木達監督【5・5】保持率は文句なし。縦への圧力は大島で解消    

GK〈21〉新井章太【6・0】練習中からガラガラ。試合中も大声切らさず    

DF〈17〉馬渡和彰【5・0】同点弾演出も。左ひざ負傷で途中交代。無念    

  〈34〉山村和也【5・5】急きょの出番にも冷静。高い万能性が心強い    

  〈5〉谷口彰悟【6・0】カウンターに備え危機管理。1点目はあと一歩    

  〈7〉車屋紳太郎【6・0】比べてみると、やっぱりSBの方がイキイキ    

  〈2〉登里享平【6・0】派手さは相手の2番が上だが、献身性で対抗    

MF〈6〉守田英正【6・5】初得点。ピンチからチャンスへのスイッチ    

  〈22〉下田北斗【6・0】左の正確性は実証済み。あとは早いリズムか    

  〈10〉大島僚太【―】出場時間短く採点なし(いると連覇クラブ、いないと強豪)

  〈41〉家長昭博【6・0】彼がもっと楽しめば、楽しいサッカーが戻る    

  〈28〉脇坂泰斗【6・5】ゴール前に視野が広がり、プレーに躍動感    

  〈16〉長谷川竜也【5・5】効果的なのは分かるが、怖さにやや欠ける    

  〈8〉阿部浩之【―】出場時間短く採点なし(いると安心、いないと不安)

FW〈9〉レアンドロダミアン【6・0】規格外のプレーに、遊び心少々。ワクワク    

※平均点は5・5~6・0。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

試合詳細

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請