【巨人】坂本勇、2回の2点打で勝利に貢献「勝ったことが一番大きい」

2回2死二、三塁、坂本勇人が中前に2点適時打
2回2死二、三塁、坂本勇人が中前に2点適時打

◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第1戦 巨人5―2阪神(9日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手(30)が、貴重な追加点をもたらした。亀井の適時打で3点リードとなった直後の2回2死二、三塁。望月の変化球に体勢を崩されながらも、中前に運ぶ2点打を放った。

 チームも2回までの5得点で試合を優位に進め、初戦を勝利。試合後、坂本勇は「(3回以降)追加点を取れたらよかったですけど、勝ったことが一番大きい。明日も気を引き締めて頑張ります」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請