青学大に新戦力台頭 松葉慶太、中村唯翔が全日本大学駅伝の登録メンバー入り

青学大・原晋監督
青学大・原晋監督

 学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝(11月3日、名古屋市~三重・伊勢市=8区間106・8キロ)の登録メンバー13人が9日、締め切られた。出雲駅伝(14日)&全日本大学駅伝の連覇と箱根駅伝(来年1月2、3日)のV奪回を目指す青学大は、鈴木塁人主将(4年)、昨季の3大駅伝すべて区間賞を獲得したエースの吉田圭太(3年)ら出雲駅伝の登録メンバー10人に加え、昨年の全日本大学駅伝5区で区間賞を獲得した吉田祐也(4年)のほか、学生3大駅伝未経験の松葉慶太(3年)と中村唯翔(1年)がメンバー入りした。

 松葉と中村唯は2日に行われた1万3000メートルのペース走で、5000メートルの途中経過を自己ベストを更新するハイペースで通過し、そのまま予定通りのタイムで走破。好調ぶりが買われ、2年連続3回目の優勝を狙う全日本大学駅伝で、3大駅伝を通じて初めて登録メンバーに抜てきされた。復権を狙う青学大に待望の新戦力が台頭。「青学大、選手層が厚くなっていますよ!」と原晋監督(52)は手応えを明かした。

 松葉の父・和之さんは亜大時代に1990年の箱根駅伝5区に出場(区間14位)。松葉は今後、全日本大学駅伝を含めたレースで快走すれば、学生3大駅伝最終戦の箱根駅伝で「親子2代」の出場が期待される。

 青学大の13人登録メンバーは以下の通り。登録メンバーの中から8人が出場する。

 ▽4年 鈴木塁人、竹石尚人、生方敦也、中村友哉、吉田祐也

 ▽3年 吉田圭太、神林勇太、松葉慶太

 ▽2年 飯田貴之、湯原慶吾

 ▽1年 岸本大紀、大沢佑介、中村唯翔

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請