神戸市東須磨小校長、被害教員以外に「男性教員1名、女性教員2名も被害に」と公表 教員の“いじめ”問題で会見

 神戸市東須磨小学校の仁王美貴校長が9日、同校の30代男性教員3人と40代女性教員1人が、20代の男性教員に暴行などの“いじめ”を繰り返していた問題について、神戸市役所で会見を行った。

 いじめを受けた男性教員は、所有の車の上に乗ったり蹴ったりするなどの嫌がらせや、暴力行為、激辛カレーを無理矢理に食べさせられたり目や口に塗られたりしたとし、体調不良を訴え9月2日の始業式から職場を休んでいる。

 仁王校長は多数のハラスメント事案があったことを報告し「児童、保護者に多大な迷惑を掛け心からおわびする」と謝罪した。さらに、「当該被害教員以外にも男性教員1名、女性教員2名も被害にあっていた」と報告。

 当該事案に関しては現在も調査継続中とし「全てが明らかになったわけではない」とした上で「教員として、人として許されるべき行為ではなく、行為の重大性から(教育)委員会とも相談の上、4名を公務から外し、今後一切、東須磨の子どもたちの前で指導を行わせないという判断を行った」と加害者側の4名の教員に対する処分を発表。7日から新たな教員を迎え、新体制で臨んでいるという。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請