【広島】佐々岡監督“監督”の響き「不慣れで照れくさい」一問一答全文(2)

練習終了後にインタビューを受ける佐々岡監督
練習終了後にインタビューを受ける佐々岡監督

 ―秋季キャンプで期待することは。

 「若手選手はフェニックス・リーグでアピールしている。2軍のコーチから状態を聞きながら、11月の1軍キャンプに行けるかという判断をしてもらう。こっちからも連れていけるかという判断になる。次(秋季キャンプ)に行けば、春のキャンプのテストにもなると思いますし、実戦に出ながらしっかりとアピールしてほしい」

 ―来季に向けてチームづくりは。

 「優勝を狙うのは当然のことながら、この秋も来年に向かって始まっているわけで、ここで投手も野手もしっかりレベルアップして、チームがひとつになって、優勝、日本一を狙えるように頑張っていきたい」

 (記者囲み)

 ―緊張したか。

 「うん。まあ、そうですね。来て雰囲気は感じていましたし、グラウンドに出て、みんなの前でそういうの(あいさつ)を言ったときは、初日なんで緊張はありましたけどね」

 ―選手から呼ばれる「監督」という響き。

 「まだ不慣れなもんで、慣れてないので、なんか照れくさい感じもします」

 ―投打の一体感。

 「僕が現役時代、僕の場合は投手で、野手に助けてもらう。野手が守ってくれて勝てる。投手も野手のエラーをカバーする。そういう中で、現役時代からずっと思っていたことは、やっぱり野球ってのは一人でできないということ。みんなの助け合い。選手だけでなくコーチ陣、裏方さんもいる中で、ひとつの目標に向かって全員が一緒になってやらないと」

 ―具体的な指導は。

 「やあ、もう、きょうはホントにずっと見てただけ。まあ、打撃なら打撃コーチに任せてるし、投手的にもコーチに任せながら見守っただけです」

 ―今後はコーチ任せか、それとも直接指導もあるのか。

 「両方あると思う。投手に対しては直接言えるが、野手に対しては技術をこっちも勉強しないといけないところもあるし」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請