【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(17)「ジャイアント馬場の評価。新日本と全日本の決定的な違いとは…」

ヒロ斎藤
ヒロ斎藤

 プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼群団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第17回目は「ジャイアント馬場の評価。全日本と新日本との違い」

 1986年4月。ヒロは、スーパー・ストロング・マシン、高野俊二の「カルガリー・ハリケーンズ」で全日本プロレスに初参戦した。

 「対戦相手も今日は、長州(力)さんたちのジャパンとやって次の日は、全日本、また次の日は、ジャパンっていう感じで変わっていって、俊二とマシンとやって面白かったですよ。平田選手とはメキシコから一緒にやっていましたから、向こうはどう思っていたかは分かりませんが、自分はいい感じでやっていると思ってやってました。俊二は、性格がずぼらでしたけど、気軽な感じで付き合いやすかったですよ。試合では、自分の言うことは聞いてくれました。ただ、あいつは、スタミナもあるし、動けるし、ジャンプ力もありましたから自分がアドバイスすることは何もありませんでした。身長が2メートルもあって、あんなに動けるから順調にいけばトップは取れていたと思ったんですが…」

 全日本参戦からしばらく経ったある時、御大ジャイアント馬場から声をかけられた。

 「何かの時に馬場さんが“何でもやってこい。お前の技なら何でも受けてやる”って面と向かって言われたんです。どうして馬場さんが自分にあんなことを言ったのか未だに分かりませんが、なぜか、そうおっしゃったんです。ただ、ジャーマンでも受けてやるって言われても、あんなデカイ人にジャーマンなんかできません。かけたら、こっちがケガしますよ(苦笑)。何でもやってこいって言われても実際、馬場さんとの試合では何もできませんでした。殴ったり蹴飛ばすぐらいが精一杯でした」

 周囲から馬場がヒロのプロレスを高く評価していることを伝え聞いた。

 「それは、人に聞いたことはありますが、馬場さんから直接言われたわけじゃありません。周りの人が“馬場さんが評価してるぞ”って言われても、自分としては“何でオレが?”っていう感じでピンと来ませんでした」

 全日本へ参戦したことで接点が生まれたジャイアント馬場。アントニオ猪木に憧れてプロレスラーを志したヒロにとって馬場はどんな人間だったのだろうか。

 「馬場さんとは、直接、お話させていただくこととか、あまり接触はなかったんです。印象としては、猪木さんと同じではないですよね。馬場さんは、下にいる選手は体が大きかろうが小さかろうがその人の素質を引っ張るような方でした。猪木さんは、それぞれの選手は、ひとつのものをパシッと極めないといけないんですね。引き上げることはしないで自分ではい上がってこいっていう方でした」

 全日本での戦いは、新日本と大きく違うポイントがあったという。

 「試合そのものは、新日本と全日本で戸惑いはありませんでした。ただ、違和感があったのがリングでした。新日本は、普通の床みたいに固いんです。全日本は、マットがソフトでやわらかいんですね。だから、足が埋まってしまって走りづらいんですね。これは、全然違いました。自分は新日本のマットで鍛えてきましたから、体であの固さを覚えていますから受け身をちゃんととれればある程度は痛くないんです。全日本はやわらかいので試合が終わった後から体にズシンとダメージが来るんです。足は取られるし、疲れがとりずらかったですね。やっぱり、体の慣れがあるんです。自分たちは新日本の固い方が痛くないし楽で疲れないんです」

 馬場から評価され、マットに違和感を持ちながら戦った全日本。対戦相手で驚嘆した選手がいた。それがジャンボ鶴田だった。(敬称略。続く。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請