リクエスト今季90回増、判定変更率は3割…実行委で意見交換

スポーツ報知
9月13日の試合でリクエストを要求する阪神・矢野

 プロ野球の理事会、実行委員会が8日、都内で行われ、今季のリクエスト実施状況が報告された。19年のリクエスト回数は584回(18年494回)と増加傾向で、変更回数は176回(18年162回)。判定の変更率は30・1%(18年32・8%)と下がった。検証時間は2分2秒(18年2分8秒)と短縮傾向だった。

 今後はリプレー検証検討委員会が、リプレー検証に関するアンケートを12球団に実施。NPBの井原事務局長は「意見を集めて来年に向けて改善点があれば改善していく」と話した。

 また、出場機会が少ない選手の移籍活性化を目的とした「現役ドラフト」に関して意見交換を行った。制度導入に伴う移籍活性化を望む方向性は12球団で一致しているが、井原事務局長は「実際にやるとなると、色々な課題がある」と説明。出席者の一人は導入時期について「来年は(東京五輪開催に伴い)変則的な日程で現実的に難しい」と見通しを語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請