立川志らく、ラグビー日本の決勝T進出へ“台風歓迎”の声に怒り「冗談じゃない」「被害に遭われた方々はラグビーどころじゃない」

立川志らく
立川志らく

 落語家の立川志らく(56)が8日、自身のツイッターを更新。今年最強クラスの台風19号が12日からの3連休に日本列島に近づく見込みで、13日に行われるラグビーW杯「日本代表ースコットランド戦」が中止となった場合、決勝トーナメント(T)進出が決まることで、台風を歓迎する一部の声に警鐘を鳴らした。

 先月9日に上陸した台風15号は、千葉県を中心に大きな被害をもたらした。台風19号も強い勢力のまま上陸する可能性がある。

 志らくは「台風が来たらラグビーの試合が中止になり日本が決勝トーナメントに行けるから台風よ来いと言っているひとがいるが冗談じゃない」と“台風歓迎”の一部の声を批判。「被害に遭われた方々はラグビーどころじゃない。あの台風と同じくらいのがまた千葉に来るかもしれないのに」と現在も苦しむ被災者を思いやった。続けて「台風がそれて日本が試合に勝つ、それだけを望むべきなのに」とつづった。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請