【広島】佐々岡新監督“初仕事”は会沢&野村&菊池涼の引き留め…就任即愛の直電

監督就任会見を行った佐々岡新監督
監督就任会見を行った佐々岡新監督

 広島は7日、1軍投手コーチの佐々岡真司氏(52)の新監督就任を発表した。背番号は引き続き「88」、長期政権を視野に入れた単年契約で年俸7000万円(推定)。マツダスタジアムで会見し「来季のV奪回、日本一を目指して、全身全霊、務めさせていただく。Bクラスに終わったが、優勝できる戦力だと思っているので、うまく生かせるようにやっていきたい」と決意表明した。

 “初仕事”として今季国内FA権を取得した会沢、野村、ポスティングでのメジャー移籍を望む菊池涼の慰留に既に乗り出し、好感触を得ていることを明かした。トレーニングで球場を訪れた会沢は「昨日(6日)、電話をもらいました。『力が必要だ』と言っていただいた」と話し、意気に感じた様子。野村、菊池涼にも同様の連絡をしながら会見では触れずにいたが、去り際に報道陣の再取材にあい「(3人に電話)しました。僕の気持ちを伝えました」とバツが悪そうに打ち明けた。

 チームは15年以来のBクラスに終わった。「投手を中心に守る野球がカープ野球の基本。逆転負けが多かったので終盤の投手を強化していきたい」と方針を掲げた。9日からは秋季練習の指揮を執る。(田中 昌宏)

 ◆佐々岡 真司(ささおか・しんじ)1967年8月26日、島根・金城町(現浜田市)生まれ。52歳。浜田商、NTT中国を経て89年ドラフト1位で広島入り。1年目に13勝(11敗)17セーブ。91年には17勝9敗、防御率2・44で最多勝、最優秀防御率、MVP、沢村賞、ベストナイン。99年5月8日の中日戦(広島)でノーヒットノーラン。2003年に通算100勝100セーブ達成。07年限りで引退。通算570試合、138勝153敗106セーブ。15年から2軍投手コーチ、今季は1軍投手コーチ。185センチ、90キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請