【巨人】大船渡・佐々木と面談 長谷川スカウト部長「鳥肌が立った選手は初めて」

大船渡・佐々木
大船渡・佐々木

 巨人は7日、岩手・大船渡高を訪れて佐々木朗希投手(3年)と面談した。

 巨人側は長谷川スカウト部長と担当の柏田スカウトが出席。佐々木側は本人と母・陽子さん、国保監督、吉田部長が出席した。

 巨人の育成方針や練習環境を説明したという。長谷川部長は佐々木の投球を初めて球場で視察した時の話を出し、「誰が見たってすごい。ビックリした。長くスカウトの仕事をやらせてもらっているけど、初めて見た時に鳥肌が立った選手は初めてという話をさせてもらった」とし「最上位というか1位候補に間違いございません」と強調した。

 球団は佐々木と星稜・奥川、明大・森下の3投手を最上位評価として1位指名の有力候補に挙げている。現時点では原監督を交えた会議を行っていないため、正式には1位が決まっていない状況で、3投手のうち誰が1位の最有力かという話をする段階ではない。

 最終的にドラフト前日の16日に原監督も交えて最終決定する予定。いずれにしろ競合覚悟で勝負する。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請