石田ゆり子 福山雅治の「運命の共演」発言に赤面

主演映画「マチネの終わりに」完成披露試写会で舞台あいさつした福山雅治と石田ゆり子
主演映画「マチネの終わりに」完成披露試写会で舞台あいさつした福山雅治と石田ゆり子

 俳優でシンガー・ソングライターの福山雅治(50)が7日、都内で主演映画「マチネの終わりに」(11月1日公開、西谷弘監督)の完成披露試写会で舞台あいさつした。

 芥川賞作家・平野啓一郎氏の小説が原作。東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家・蒔野聡史(福山)と、石田ゆり子(50)演じるジャーナリスト・小峰洋子の運命の6年間を描く。

 福山と石田は25年前にCMで一緒になって以来の共演。石田は「またこの作品で福山さんと一緒になることになっていたんだな、と感無量です」と照れくさそう。福山が「運命の共演ですね」と低音ボイスで続くと、石田も顔を赤らめた。さらに石田が「私と福山さん同い年なんですよ」と明かすと、会場から「えー」と驚きの声。福山は「今のはどっちの『えー』なの?」と苦笑い。

 試写では、原作の平野氏も見て泣いていたという。その場にいた福山も「自分で出ていて自分で感動するって、どういう神経と思われそうだけど、僕も感動しました」と笑顔を見せていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請