【東都大学準硬式野球】国士舘大が2つ目の勝ち点

先制打を放った国士舘大・高橋
先制打を放った国士舘大・高橋

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 国士舘大8―3専大(7日・上柚木公園)

 国士舘大が2つ目の勝ち点を挙げた。初回、高橋岳大(2年=山形中央)の2点適時打で先制すると、4回に1点を追加。7回には代打・下原敬吾(2年=横浜隼人)の適時打などで3点を加えてリードを広げた。専大は0―3の5回、上野滉平(4年=県岐阜商)の適時三塁打で2点を返して1点差としたが、相手に追加点を与えたことが響いた。

 国士舘大・高橋岳大「いい感じで先制点を取れたのでよかったです。秋季リーグ戦を通してチャンスでヒットを打てたのでよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請