【広島】佐々岡監督「感謝」「みんなから好かれたい」会見全文(5)

佐々岡真司新監督
佐々岡真司新監督

 ―防御率が昨季から改善した。

 「去年の4点台から3点台になったが結局、失点は多い。ストッパーも確立できなかった。(中崎やフランスアが)調子を落とし、不調もあった。そういうところで、終盤の大事さというのを特に実感しました」

 ―攻撃面の課題、どう点を取るか。

 「カープ野球は走って1点を取る。だが、今の野球は走者をためて長打が出る。そういう野球も必要なのかなと思う。クリーンアップが(鈴木)誠也だけ固定されて、ほかがなかなか固定されなかった。長打力が少なかったというのも得点力不足の原因だと思う。それプラス(外国人打者の)補強というのが、クリーンアップの長打力というのが欲しいところではあります」

 ―今つけている赤いネクタイはカープを意識したのか。

 「それはそうだと思います(笑い)」

 ―ドラフト1位でほしい選手は。

 「まだそこまで話はしていない。でもやはり投手。即戦力というところが欲しい。いろいろ騒がれているピッチャー(大船渡・佐々木、星稜・奥川ら)もいますので、やっぱり投手中心になると思います」

 ―佐々木らは重複指名必至。佐々岡監督のクジ引きも。

 「そういう投手にいくのなら、クジになると思う。もしそういうことになれば…誰が引くんでしょうか(爆笑)」

 ―受諾した日は。

 「あの時(4日)に要請されて、返事をしたのは土曜日(5日)だったかな」

 ―座右の銘を。

 「現役を辞めた頃『感謝』という言葉を挙げた。皆に感謝しながら、野球をできる喜びに感謝。監督だからではなく、選手の時からそういう気持ちは変わらずね。選手の時は『好かれる選手になる』という思いがあったので、みんなから好かれるようにやりたい」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請