【オリックス】今年限りで長村球団本部長が退職「けじめをつけるということ」

長村裕之球団本部長
長村裕之球団本部長

 オリックスは7日、長村裕之球団本部長(60)が今年で退職することを発表した。11月からは同職を解かれ、森川秀樹球団本部長補佐兼広報部長(59)が務めることになった。

 長村本部長は1981年ドラフト2位で阪急に入団。引退後もバッテリーコーチなどを歴任し、2016年オフに球団本部長兼編成部長に就任した。「自分でけじめをつけるということで辞職を申し入れしていました。投手陣の充実、若手の厚みつくりを重点に信念を持ってやってきました。プロである以上、勝敗の問われる世界。けじめをつけさせてもらいます。阪急に入団以来、39年間やってこれたのは自分の誇りに思うところ」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請