【広島】佐々岡新監督が決意表明「V奪回、日本一目指し全身全霊」…就任会見

就任会見を行った広島の佐々岡真司新監督(カメラ・岩下 翔太)
就任会見を行った広島の佐々岡真司新監督(カメラ・岩下 翔太)

 広島の新監督に佐々岡真司氏(52)=投手コーチ=が正式決定し、7日、マツダスタジアムで就任会見を行った。広島で投手出身の監督(代行を除く)は1965年途中から67年まで務めた長谷川良平氏以来。球団創設から数えて、のべ19代目の指揮官が誕生した。

 ダークグレーのスーツにカープカラーのネクタイで会見場に現れた新指揮官。冒頭で「このたび広島東洋カープの監督をすることになりました佐々岡です」とあいさつ。「今年の経験を反省し、来季のV奪回、日本一を目指し、全身全霊務めさせていただきます」と強い語気で決意を込めた。

 佐々岡氏は1967年8月26日、島根・金城町(現浜田市)出身。浜田商、NTT中国を経て89年ドラフト1位で広島入り。新人だった翌90年から13勝17セーブを挙げる活躍で、以降はエースとして活躍した。91年には17勝9敗、防御率2.44で5年ぶり優勝に貢献し、最多勝、最優秀防御率の2冠を獲得。MVP、ベストナイン、最優秀投手、沢村賞にも輝いた。2003年には通算100勝100セーブを達成した。

 07年を最後に現役を引退。通算138勝153敗106セーブ。翌年からプロ野球解説者を務め、14年秋に2軍投手コーチとして古巣復帰。昨季までの3連覇期間は若手投手を鍛え上げ、1軍に供給した。今季は1軍投手コーチを務めた。185センチ、90キロ。右投右打。既婚。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請