【苅部俊二の目】桐生の曲走路は世界トップ級

リレー決勝、3走・桐生祥秀(右)から4走・サニブラウン・ハキームへバトンパス。37秒43で銅メダルを獲得した(カメラ・相川 和寛)
リレー決勝、3走・桐生祥秀(右)から4走・サニブラウン・ハキームへバトンパス。37秒43で銅メダルを獲得した(カメラ・相川 和寛)

◆ドーハ世界陸上 第9日(5日、ハリファ国際スタジアム)

 男子400メートルリレー決勝で、多田修平(23)=住友電工=、白石黄良々(23)=セレスポ=、桐生祥秀(23)=日本生命=、サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=の順で臨んだ日本は、アジア新記録の37秒43で2大会連続の銅メダルに輝いた。

 * * * *

 今回は全員にMVPをあげたいくらいだが、特筆すべきは桐生だろう。曲走路の走りは、決勝の舞台でもトップクラスだった。遠心力を受ける中で体をコントロールするテクニックが求められるが、本当にうまさがある。もう外せない存在だと言っていい。かつてジャマイカがボルトを3走に起用していたように、エース格を3走に置けるのはチーム全体の強みにもなる。アジア新記録での銅メダルを支えたのは間違いない。

 37秒43のタイムが示すように、日本はほぼ完璧なバトンパスをした。これ以上稼ぐのは難しい。伸びしろがあるとすれば、カーブの曲がりがきつい4レーンで出した記録であること。カーブを走りやすい6レーンなどであれば、もう少し短縮できるはずだ。さらに山県や飯塚、ケンブリッジら選手層も厚い。まずは、今回0秒07差まで迫れた17年大会王者の英国に勝つことが、金メダルへの一歩になる。(法大監督、日本陸連強化・情報戦略部リレー戦略担当)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請