【DeNA】CS第1S突破へ…第3戦は総力投手リレー

7回2死一、二塁、糸原健斗を二塁ゴロに打ち取り、ガッツポーズのエスコバー(カメラ・関口 俊明)
7回2死一、二塁、糸原健斗を二塁ゴロに打ち取り、ガッツポーズのエスコバー(カメラ・関口 俊明)
セ・リーグPS日程
セ・リーグPS日程

◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第2戦 DeNA6x―4阪神(6日・横浜)

 セ・リーグのCS第1ステージ第2戦は、レギュラーシーズン2位のDeNAが同3位の阪神を下して逆王手をかけた。1点リードの9回に2イニング目の守護神・山崎が同点被弾も、裏に代打・乙坂がサヨナラ2ランを放った。パ・リーグも同2位のソフトバンクが同3位の楽天を下し1勝1敗。工藤監督は初戦から大幅に打順を入れ替え、スタメンの福田が決勝ソロを放った。7日に第3戦が行われる。

 継投失敗で大逆転負けを喫した初戦に続き、DeNAはまたも冷や汗の6人リレーとなった。1点差に迫られた5回途中、先発の浜口から三嶋にスイッチして始まった継投。ところが、短期決戦用にブルペンに回した今季13勝の今永が6回にリードを吐き出す。その裏、再び1点を勝ち越すと、ラミレス監督はブルペンにレギュラーシーズンでは1度しかなかった回またぎの準備を指令した。

 7回は骨折明けのパットンと、前日炎上したエスコバーでしのぎ、ラスト2イニングを山崎に託した。しかし、あと1死が取れず逃げ切りに失敗。ベンチに残っていたのは、前日逆転打を浴びた国吉と2年目左腕の桜井、リリーフ経験のないルーキー上茶谷の3人だけ。延長突入なら絶体絶命のピンチだった。

 巨人への挑戦権をかけた第3戦。指揮官は「今永もヤス(山崎)も行ってもらう可能性はある」。初戦先発の石田も中継ぎ待機の予定で、総力リレーでステージ突破を目指す。

試合詳細
7回2死一、二塁、糸原健斗を二塁ゴロに打ち取り、ガッツポーズのエスコバー(カメラ・関口 俊明)
セ・リーグPS日程
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請