久保建英、後半出場で攻撃を活性化…マジョルカは開幕戦以来7戦ぶり勝利

後半、攻め込むマジョルカの久保建(共同)
後半、攻め込むマジョルカの久保建(共同)
久保建英
久保建英

 【パルマデマジョルカ(スペイン)6日=豊福晋】日本代表MF久保建英のマジョルカは、ホームでエスパニョールを2―0で下し、開幕戦以来7戦ぶりの勝利を挙げた。3戦ぶりのベンチスタートとなった久保は、後半12分から左MFで出場。細かいタッチを駆使したドリブルで相手のファウルを誘うなど攻撃を活性化させた。今後はW杯アジア2次予選を戦う日本代表に合流する。

 マジョルカの久保は代表合流前最後の試合で存在感を発揮した。1点リードの後半12分から左MFで出場すると、同17分にドリブル突破を仕掛け、相手の警告を誘った。以降も抜群のキープ力を披露するなど、7試合ぶりの勝利に貢献。視察したJリーグの原博実副理事長(60)は「もっとボールが集まればさらに活躍してくれるはず。大いに期待している」と話した。

後半、攻め込むマジョルカの久保建(共同)
久保建英
すべての写真を見る 2枚

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請