菅野美穂が15年ぶり「月9」…7日スタート「シャーロック」第2話にゲスト出演

スポーツ報知
15年ぶりに「月9」に出演する菅野美穂

 女優の菅野美穂(42)が7日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「シャーロック」(月曜・後9時)にゲスト出演することが6日、分かった。2004年の「愛し君へ」に主演して以来、15年ぶりの「月9」出演。14日放送の第2話に登場する。

 ドラマは世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」が原作で、現代の東京を舞台にアレンジしたもの。主演のディーン・フジオカ(39)が犯罪捜査専門コンサルタントを演じ、精神科医役の岩田剛典(30)とコンビを組んで難事件を解決していく。

 菅野の連ドラ出演は17年10月期のTBS系「監獄のお姫さま」以来、2年ぶり。今作で演じるのは美しい敏腕弁護士役で、弱い者には仕事の枠を超えて付き添うハートフルな性格だ。その一方で封印したい過去もあり、二面性の感情を併せ持つ。

 登場する第2話では、菅野が演じる弁護士のクライアントだった女性が急行電車にはねられて死亡する。調査に訪れたディーンと菅野が、お互いやり取りをしながら心理戦を繰り広げる。

 菅野は13年4月に堺雅人(45)と結婚。15年8月に長男を、昨年12月に長女を出産し、2児の母でもある。今作は出産後、初のドラマ出演だ。

 久しぶりの「月9」に「15年がたち、私自身の生活も変化しましたが、こうして再び出演させていただけることに大きな喜びを感じています」とやる気十分。初共演するディーンについて「とても紳士的な方」と語り、放送を心待ちにしている。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×