【秋華賞展望】桜花賞馬、オークス馬が不在の一戦…唯一のG1ホースのダノンファンタジーが中心

秋華賞の主な出走予定馬。*騎手は想定
秋華賞の主な出走予定馬。*騎手は想定

 第24回秋華賞・G1が10月13日、京都競馬場の芝2000メートルの舞台で行われる。

 桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在の一戦。昨年の2歳女王で唯一のG1ホース、ダノンファンタジー(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)を中心視する。1番人気に推された桜花賞で4着、距離不適のオークスでも5着に入り、3歳牝馬の中でトップクラスの能力の持ち主。秋初戦、前走のローズSでは、上がり最速(3ハロン33秒1)の末脚で4角5番手から直線一気に差し切った。前進気勢の旺盛なタイプで折り合いを欠く面が残るが、春シーズンより改善された印象。とはいえ今回は内回りだけに、ある程度の位置でスムーズに運ぶことが重要になる。

 上がり馬パッシングスルー(牝3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)は、シンザン記念フローラSでは4着と春はブレイクしきれなかったが、現在、2連勝中と充実一途。前走の紫苑Sは好位から伸び、鼻差しのぎ切る内容のある競馬で、本番のコース形態にフィットしそう。京都への輸送、そして坂を経験していることもプラスに働く。

 1番人気の紫苑Sで3着に敗れたカレンブーケドール(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。休み明けの前走は追走で力んで、直線で伸びきれなかったが、オークス(2着)でラヴズオンリーユーを苦しめた力量はこのメンバーならトップクラス。一度叩いたことで落ち着きが出て、オークスのようにスムーズに前めで運べば、勝機は十分ある。

 ローズS2着のビーチサンバ(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、やや切れ味に欠けるが前走同様、4角先頭の積極策なら面白い。

 桜花賞2着シゲルピンクダイヤ(牝3歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)は秋になって気性的に大人になった印象。ただダイワメジャーの産駒に2000メートルはギリギリか。

 阪神JF2着、桜花賞オークスともに3着のクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は、TRを叩かず久々の一戦。強い気性の持ち主だけに間隔が空いても大丈夫なタイプで、注目すべきは馬体を含めた成長度か。

 3番人気のオークスで9着と期待を裏切ったコントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)はフラワーC完勝時のような逃げ作戦なら相当しぶとい。久々と輸送で当日のテンションがどうか。

 紫苑S2着フェアリーポルカ(牝3歳、栗東・西村真幸厩舎)、デビュー3連勝のディープインパクト産駒サトノダムゼル(牝3歳、美浦・堀宣行厩舎)、2連勝中の上がり馬エスポワール(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎)など、多彩なダークホースもそろっている。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請