【東都大学準硬式野球】専大が乱打戦を制する

左越え2ランを放つなど3打点を挙げた専大・武内
左越え2ランを放つなど3打点を挙げた専大・武内

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 専大11―9国士舘大(6日・上柚木公園)

 専大が打撃戦を制して1勝1敗のタイに持ち込んだ。0―2の3回、武内公佑(2年=常総学院)の左越え2ランなどで4点を奪って逆転。その裏に4点、4回にも2点を失って4点をリードされたが、5回に武内の犠飛などで2点を返すと、6回には須永隼人(3年=専大松戸)、三浦翔(1年=専大松戸)、五十嵐健(4年=常総学院)の3者連続適時打で4点を奪い再逆転。6回から登板した松澤知大(4年=関東学園大付)が相手打線の反撃を1点でしのいで逃げ切った。

 専大・武内公佑「調子がよかったので、どんどん振っていこうと思って結果が出たのでよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請