【阪神】青柳、CS初先発も4回3失点で降板

3回無死、筒香嘉智(左)に左越えソロ本塁打を打たれ呆然とする青柳晃洋(カメラ・中島 傑)
3回無死、筒香嘉智(左)に左越えソロ本塁打を打たれ呆然とする青柳晃洋(カメラ・中島 傑)

◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第2戦 DeNA―阪神(6日・横浜)

 CS初先発の阪神・青柳が4回3失点で降板した。

 初回2死二塁でロペスに2ランを被弾。さらに3回無死では、筒香に左翼へのソロを浴びた。2、4回は走者を出しながら得点を許さなかったが、5回の攻撃で代打を出された。4回6安打3失点だった。

 青柳は神奈川県出身。「地元なんで家族、友達含めていっぱい来てくれると思うんで、いい投球をできるようにしたいです」と意気込んでいたが、悔しいマウンドとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請