【巨人】岡本、今村から3ラン…2戦連続サウスポー撃ち CSへ万全「手応え良かった」

1回に3ランを放った岡本(右)。ベンチのナインに迎えられた(カメラ・橋口 真)
1回に3ランを放った岡本(右)。ベンチのナインに迎えられた(カメラ・橋口 真)

◆巨人紅白戦 白組4―5紅組(5日・東京D)

 巨人は5日、クライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(9日開幕・東京D)に向け、東京Dで2度目となる無観客の紅白戦を行った。白組の「4番・三塁」でスタメン出場した岡本は左腕の今村から右翼席へ先制3ランを放つなど、CSへスタンバイOKだ。一方、紅組の「4番・一塁」で出場した中島は右翼フェンス直撃の二塁打を放つなどマルチ安打の活躍。短期決戦前、最後の実戦でアピールに成功し、CSメンバーへ合流を決めた。

 静寂の東京Dに、破壊音がこだました。岡本の打球はぐんぐん伸び、無観客の右翼席に着弾した。「手応えはよかったと思います」。納得の一打に酔いしれるようにベースをゆっくり一周。本塁付近を通った際、ネット裏から見守った原監督から「ナイスバッティング!」と声をかけられた。

 初回1死二、三塁のチャンス。左腕・今村の真ん中低めの直球をフルスイングし、逆方向へとたたき込んだ。豪快な一発を見届けた原監督は「ジャイアンツの4番だぞ」と笑みを浮かべた。勢いは止まらず、6回1死一塁でも左の田口から逆方向へ右前安打を放った。3打数2安打3打点で4番としての存在感を発揮した。

 9日からのCS最終Sでは、DeNAなら東や今永ら、阪神なら高橋遥や岩貞ら、どちらが勝ち上がってきても左の好投手との対戦が待っている。岡本はレギュラーシーズンで、右投手には打率2割8分2厘だったが、左投手には同2割3分9厘と苦手としていた。

 だが、前回行われた3日の紅白戦(東京D)でも左腕・高橋から左翼線へ2点打を放つなど、2戦連続でサウスポーを攻略。吉村打撃総合コーチも「緊張感を持ちながら、調子を上げてくれているのはよかった」と笑顔を見せた。好調を維持しているだけに、短期決戦でも“左腕撃ち”に期待がかかる。

 昨季はCS5試合で18打数1安打1打点と結果を残せず、チームも敵地マツダでの最終Sで、広島に1勝もできずに敗退した。日本シリーズへ進めなかった悔しさを晴らそうと、意欲は十分だ。「まだ(CSまで)空きもありますし、何とか打てるようにしっかりやっていきたい」と帰り際には気合を入れ直した。慢心はない。CS突破に向け、主砲が勝利に導く一打を放つ。

(小林 圭太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請