【DeNA】珍事!ラミレス監督、ルール違反で継投に失敗

ベンチで厳しい表情のラミレス監督(中)
ベンチで厳しい表情のラミレス監督(中)

◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第1戦 DeNA7―8阪神(5日・横浜)

 DeNAのラミレス監督が、ルール違反で継投に“失敗”する珍事があった。

 4回1死三塁で、三浦投手コーチがタイムをとってマウンドへ。先発の石田と言葉をかわし、そのままベンチに戻ると、すれ違うようにラミレス監督が通訳を従えて石山球審に歩み寄り、投手交代を告げようとした。しかし、ルール上は三浦コーチがファウルラインを越えていたため、石田は次打者に投球しなければならず、交代は認められなかった。石田は次打者の梅野に右犠飛を許して1点を失った。

 試合後、ラミレス監督は「三浦コーチが帰ってくる前に行けばよかった。私のミス。(交代は)バリオスだった」と説明。一方の三浦コーチも「僕のミス」としたが、指揮官とのやりとりなどについては「内容は言えない」と詳細は語らなかった。

 ▼野球規則5・10プレーヤーの交代【注2】監督またはコーチが投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、そのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請