【DeNA】ラミレス監督、バリオス投入が裏目…痛恨の6点差逆転負け

ベンチで厳しい表情のラミレス監督(中)
ベンチで厳しい表情のラミレス監督(中)

◆2019 ノジマ クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第1戦 DeNA7―8阪神(5日・横浜)

 横浜の空は日が暮れて暗くなっていた。終盤の継投が裏目に出て、痛恨の6点差逆転負け。もう1敗も許されない状況だが、ラミレス監督は「野球は何が起こるか分からない。試合中の決断に後悔することはない」と前を向いた。

 序盤は打つ手がはまった。先発・石田から2番手・今永で6回1失点としっかりゲームメイク。6回まで7―1。勝利は近かった。

 しかし7回、シーズン3試合のみの登板だったバリオスを投入すると流れが変わった。1失点し、すぐさまエスコバーに代えたが、北條に3ランを被弾。2点差まで詰め寄られた8回も助っ人左腕を続投させたが、最後は国吉が北條に2点三塁打を浴びて逆転された。指揮官は「バリオスは最近いい投球をしていた。エスコバーも体力的に大丈夫だった」と説明。しかし勝ちパターンの三嶋を使わずに、エスコバーは43球を投げて5失点。交代が遅すぎた。

 ハマスタで初のCS。だが、レギュラーシーズンで8勝16敗1分けと相性の悪い阪神に、またもやられた。試合後には筒香主将がナインへ向け「明日に向けて頑張っていきましょう」と声を張り上げた。「2勝するにはまず明日勝たないと」とラミレス監督。この悪夢を振り払うのは、目の前の1勝しかない。(岸 慎也)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請