ゲイラグビー、アジア初開催

 ラグビーを通して性的少数者(LGBT)への理解促進を図る国際イベント「ゲイラグビー」の大会が5日、埼玉県三郷市のグラウンドで開かれ、10を超える国や地域から選手、スタッフら計約200人が参加した。ラグビーW杯に合わせて企画され、アジアでは初開催。

 英国の慈善団体「INTERNATIONAL GAY RUGBY」(IGR)が主催。自身も試合に出場したIGRのベン・オーウェン委員長は「性の在り方にかかわらず一緒にラグビーをすることで仲間になれる。孤独を抱えている人に、このような場があることを知ってほしい」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請