【巨人】石川が左翼席上段へ逆転2ラン…紅白戦でCSへ猛アピール、代打の切り札で期待「強く打ちにいこうと思っていた」

5回無死一塁、石川慎吾が左越えに逆転2ラン
5回無死一塁、石川慎吾が左越えに逆転2ラン
ナインに迎えられた石川
ナインに迎えられた石川

 完璧だった。打った瞬間に石川は、スタンドインを確信した。東京Dで行われた紅白戦で、1点を追う5回無死一塁、1ボールから左翼席上段へ逆転2ランを放った。エンドランのサインが出ていた中で生まれたアーチに「強く打ちにいこうと思っていた。その結果がよかったです」と振り返った。

 現状では代打の切り札としての期待がかかるため、「後手に回らないように」と、紅白戦ではファーストストライクを見逃さずにスイングする意識を徹底していた。その結果が3日の紅白戦での2安打、この日のアーチとなった。

 CS最終ステージ前の実戦2試合で猛アピールに成功し、「プラスになったのは間違いない。ベンチ入りが確実になっているわけではないので、紅白戦というアピールの場所で2日ともいい結果が出たのはよかった」。短期決戦でラッキーボーイになる可能性は十分にある。

5回無死一塁、石川慎吾が左越えに逆転2ラン
ナインに迎えられた石川
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請