【広島】FA取得の会沢、球団と交渉…行使か否か「早く決められたらいい」

広島・会沢
広島・会沢

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島・会沢翼捕手(31)が5日、マツダスタジアムを訪れ、球団との残留交渉に臨んだ。会沢は「きょうも話をさせていただきました」と、すでに話し合いが複数回に及んでいることを示唆。その上で「球団と話をさせてもらってますし、なるべく早く決められたらいい」と、まずは権利を行使するか否か、早急に決断する考えを示した。

 交渉役となった鈴木清明球団本部長(65)は「まだ交渉中。途中経過はお話しできない」とだけ説明。しかし、会沢が国内FA権の取得条件を満たした5月の時点で「(残留すれば)これから10年以上、正捕手は安泰。40歳(すぎ)までやってもらいたい」と話すなど、慰留に全力を尽くす方針を固めている。広島は昨オフ、丸(現巨人)がFA宣言した際には、宣言残留を容認する方針を打ち出した。

 FA権を行使する場合は、日本シリーズ終了翌日から土、日、祝日を除く7日以内に在籍球団に通知する。「FA宣言選手」として公示された翌日から、すべての球団と契約交渉が可能になる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請