紀平梨花、トリプルアクセル2本着氷で3位 4回転サルコーは跳ばず

演技する紀平梨花
演技する紀平梨花
演技を終えて宮原知子とハイタッチする紀平梨花(左)
演技を終えて宮原知子とハイタッチする紀平梨花(左)

◆フィギュアスケート ジャパン・オープン (5日、さいたまスーパーアリーナ)

 フリーのみで行われ、女子はシニア2年目の紀平梨花(関大KFSC)が、144・76点をマークし、3位。首位はルッツを含む3種類4本の4回転ジャンプを着氷させ160・53点を出したロシアのトルソワ。2位は154・41点をマークしたロシアのザギトワだった。

 紀平は武器とするトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2本、確実に着氷。最後の3回転ループで着氷が少し乱れるも、大きなミスはなく、世界平和をテーマにした「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」を演じきった。

 大会は日本、北米、欧州の代表男女2人ずつの合計で争われる。記録はISU(国際スケート連盟)非公認。

演技する紀平梨花
演技を終えて宮原知子とハイタッチする紀平梨花(左)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請