ネーサン・チェンが首位…2位の宇野に20点以上差を付け圧倒

演技するネイサン・チェン
演技するネイサン・チェン

 ◆フィギュアスケート ジャパン・オープン (5日、さいたまスーパーアリーナ)

 フリーのみで行われ、男子は18、19年世界選手権王者のネーサン・チェン(米国)が、189・83点で首位に立った。2位には18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)で169・09点、3位は19年世界選手権銅メダルのビンセント・ジョウ(米国)で167・64点だった。

 今季初戦となったネーサン・チェンは、エルトン・ジョンの「ロケットマン」の曲に乗せ、フリップ、サルコー、トウループ2本の3種類4本の4回転ジャンプを全て成功させ、2位の宇野に20点以上の差を付けて圧倒した。

 大会は日本、北米、欧州の代表男女2人ずつの合計で争われる。記録はISU(国際スケート連盟)非公認。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請