【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(12)「1983年夏。クーデター事件と衝撃のタイガーマスク引退」

ライガーと戦うヒロ斎藤(右。写真提供・ドラディション)
ライガーと戦うヒロ斎藤(右。写真提供・ドラディション)

 プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼軍団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第12回目は「衝撃だったタイガーマスク引退」。

 ヒロがメキシコからカルガリーへ転戦した1983年夏。新日本プロレスは、大激震に見舞われていた。アントニオ猪木をしのぐほどの人気を獲得していたタイガーマスクが電撃的に引退する。続けて、猪木が新日本の利益を自らが運営していたリサイクル事業会社「アントンハイセル」へ横流ししている疑惑が浮上し山本小鉄らが中心となり社長の猪木、副社長の坂口征二、専務取締役の新間寿の責任を追及。猪木、坂口はそれぞれ社長、副社長を退任、新間は謹慎し後に退社する「クーデター事件」が発生したのだ。揺れる新日本の現状をヒロは、カルガリーで聞いた。

 「自分はメキシコへ行くときに片道切符同然で出されたので、新日本の所属選手という意識はなかったんです。それと、当時はカルガリーで少しの間だけ試合をしてプロレスを辞めて日本に帰るつもりだったので、日本のことは“どうにでもなれ”っていう感じでした。会社が大変なことになっているっていう情報はちょこっと入っていましたけど、自分のことで頭がいっぱいで特に何とも思いませんでしたし、関心はなかったですね」

 ただ、大きな衝撃がひとつだけあった。それがタイガーマスク=佐山サトルの引退だった。入門してから、道場で佐山の凄さを身をもって感じ、尊敬していた先輩の引退という報は、信じられなかった。

 「佐山さんが辞めたのはショックでした。本当にすごい人でしたから、佐山さんが辞めるなんて、よっぽどのことが会社で起きたんだなって思いました」

 タイガーマスクは、英国遠征から帰国した佐山が虎のマスクをかぶり1981年4月23日、蔵前国技館のダイナマイト・キッド戦でデビューした。華麗な空中殺法にキックを主体にした斬新なスタイルでたった1試合でファンの心をつかんだ。当時、タイガーマスクは、デビューから2週間後の5月7日に京王プラザホテルでのレセプションでエキジビションマッチを行った。そして、この試合の対戦相手を務めたのがヒロだった。

 「5分間のエキジビションマッチで試合をさせていただきました。佐山さんの覆面は、マジックで色を塗ったような作り物のマスクだったことを覚えています。あの時は、自分が佐山さんの相手を務めることができるかなと思って緊張しましたけど、リングに上がったら必死でやりました」

 あこがれの佐山との試合に頭が真っ白になるほど緊張したエキジビション。ただ、今も鮮明に覚えているのは、人間離れした佐山の動きだった。

 「信じられない動きでした。全然、プロレスが違うんです。こんな世界があるのかって思いました。海外に行かれる前と佐山さんの動きは、格段に違って、同じ人間なのかって思いました」

 日本人で初めてタイガーマスクと対戦したヒロ。今もあの時の試合を思い出すと口調は興奮し熱を帯びる。それほど、佐山を尊敬していた。

 「だから、引退することを聞いた時は、なんであんな素晴らしい人がやめないといけないのかって、あんな大物の人でもうまくいなかい会社は何なのかって思いました。だったら、自分なんか格下の人間は、もっとうまくいかないなって考えて、会社に対する思いはもっと冷めていきました」

 タイガーマスク引退でさらに冷めていった新日本プロレスへの思い。一方、カルガリーでは着実に人気を集めていた。そして、セントーンに続く必殺技を身につける。それが「ジャーマンスープレックス」だった。(敬称略。続く。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請