【清水】六平光成が14試合ぶり先発…ヘナトアウグスト復帰はメド立たず

スポーツ報知
14試合ぶりの先発が濃厚となった清水MF六平(右)

 J1清水エスパルスは6日に浦和と対戦(埼玉)する。4日は三保で調整。篠田善之監督(48)は前節の湘南戦で右足首を痛めたボランチのMFヘナトアウグストについて「メドは立っていない」と説明。代わってMF六平光成(28)の14試合ぶり先発が濃厚となった。

 守備の要不在の危機を救う。六平は「声をかけあって最終ラインと前をつないでいきたい」と6月1日の松本戦以来のスタメンに向け意気込んだ。最近は試合後半にMF竹内を“リリーフ”し、適度にボールを散らしながらリードを守り切る役目を担ってきた。指揮官も「いい状態をキープしている。ボールを動かすのがスムーズになる」と期待する。

 清水は直近10試合で浦和FW興梠に9被弾。パスの供給を断ち切ることも仕事になる。「いい形を作らせないように」。中盤を支配し、今季初のリーグ3連勝を呼ぶ。(武藤 瑞基)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請