【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(11)「ジョージ高野に勧められメキシコから新天地カルガリーへ」 

ヒロ斎藤(写真提供・ドラディション)
ヒロ斎藤(写真提供・ドラディション)

 プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼軍団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第11回目は「メキシコから新天地カルガリーへ」。

 メキシコに定着して2年後の1983年。22歳になったヒロは、メキシコから離れる決断を下した。

 「2年もいたから、もういたくなくなったんです。それで日本に帰ってプロレスも辞めるつもりでした」

 辞める決意は、試合だけでなく様々な人間関係に疲れたこともあった。そんな思いを同じメキシコに修業に来ていた先輩のジョージ高野に相談した。するとジョージは、カナダのカルガリーで修業していた弟の高野俊二(後に拳磁へ改名)に連絡を取り「カルガリーへ行ってみたら」と勧められた。

 「カナダにも行ってみたかったですし、俊二と自分は、手が合ったから、ジョージが俊二に連絡を取ってくれたのもあって“じゃぁ俊二の顔でも見て1週間ぐらいカナダにいて日本に帰るか”っていう気楽なつもりでカルガリーへ行ったんです」

 引退記念の“卒業旅行”のような気持ちでメキシコを離れカルガリーへ向かった。同時にジョージもヒロと共にカルガリーへ向かった。

 「カルガリーに着いたら、試合に出るはずだった俊二がたまたま熱を出してリングに上がれなくなったんです。それでプロモーターから頼まれて、代わりに自分とジョージが急に試合をすることになったんです」

 急遽、組まれたカルガリーでのジョージとのシングルマッチ。この試合が観客とカルガリー地区を仕切っていた大物プロモーターのスチュ・ハートの心をつかんだ。

 「日本とメキシコのスタイルをミックスさせて試合をしたら、これがお客さんに受けたんです。そしたら、ハートから“カナダで試合をしてくれ”って頼まれまして、自分は日本に帰るって言ったんですけど、“だったら、少しの間、カナダで試合をしてそれから帰国すればいい”とかなんとか説得されて、リングに上がるようになりました」

 高野俊二の欠場で巡ってきた試合がヒロの運命を変えた。この時、リングネームを現在の「ヒロ斎藤」に変えた。

 「リングネームは俊二が付けたんです。“マサ斎藤さんがいるから、ヒロでいいじゃん”って気軽なノリでしたよ。自分は、そう言われて何でもいいやって、俊二のアイデアにのっかりました」

 扱いはメインイベンタークラスでファイトマネーもメキシコ時代の数倍となる1試合10万円と高額だった。ただ、プロモーターのスチュ・ハートの息子のブレッド・ハートからは無茶な要求を突きつけられた。

 「ブレッドから最初は“お前は、おかまキャラでいけ”って言われて、髪の毛を金髪に染めて、赤い着物を着て化粧しろって言われましたよ。それでカンボジア出身っていう経歴でやれって言われて、もう言うこと考えていることがめちゃくちゃでした。さすがに、そんなのできるわけないって断りましたけど、髪の毛だけは金色に染めました」

 カルガリーで「ヒロ斎藤」となり髪の毛を染めた83年夏。新日本プロレスは激震が続いていた。アントニオ猪木を社長から引きずり下ろすクーデター、そしてタイガーマスクの引退だった。(敬称略。続く。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請