【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(10)「必殺技セントーンとの出会い」 

ヒロの芸術的なセントーン(写真提供・ドラディション)
ヒロの芸術的なセントーン(写真提供・ドラディション)

 プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼軍団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第10回目は「必殺技セントーンとの出会い」。

 40年を超えるプロレス人生でヒロ斎藤の代名詞と言えば「セントーン」だ。スペイン語で「尻餅」を意味する「セントーン」は、ジャンプして空中で丸めた背中を倒れた相手めがけて落とすシンプルな技だが今ではリング上でこの技をヒロが出すだけで観客は大きな歓声と拍手がわき起こるまさに十八番となっている。この必殺技に出会ったのが、メキシコだった。

 「ベビー・フェースっていう選手と毎日のように試合をしていたんですが、こいつに毎回毎回、セントーンを食らっていたんです。あの技は、やられると息ができなくなるぐらい苦しいんですよ、本当に。あばら骨を折ったこともありますし、それであんまり自分がやられたんであいつに同じことしてやろうって思って見よう見まねでやり始めたんです。練習なんかしませんでした。試合でぶっつけ本番で出しました」

 ベビー・フェースは、新日本プロレス参戦経験もあるメキシコマットのトップ選手で身長170センチ、体重98キロとヒロと同じように小柄な体を存分に使った「セントーン」が得意技だった。

 「ベビー・フェースは、体が小さかったんですけど、太っていたからセントーンをやられると痛かったんです。ジャンプして空中で体を丸めてそのまま落ちてくるんです。(エル)カネックもセントーンをやってましたけど、やり方が違うんですね。カネックは身長も180センチを超えて体重の100キロありましたから、体を丸めないでそのまま寝るような感じで背中を落としていました。自分は、カネックじゃなくてベビー・フェースのやり方を真似てやりました。そしたらお客さんに受けたんですね。そこからやり続けていって今に至るって感じです」

 セントーンを出す時に大切なことは、恐怖心を持たないことだという。

 「相手に避けられたらどうしようとか、相手をケガさせてしまったら…とか余計なことを考えたらダメです。怖がっちゃダメなんです。そうすると自分の頭を打ちます」

 コツは、背中に全体重を乗せることだ。

 「ポンっとジャンプして背中で落ちるんですけど、背中全体で落ちるんじゃなくて体を丸めて小さいなりに背中の一点にに体重を乗せるイメージですね。受け身を取る感じとは違いますね。それで相手の胸をめがげて落とすんです。ただ、相手のことを“こいつこの野郎”と思ったら腹とか顔に落としますよ(笑)。逃げられたら痛いんです。ただ、繰り返しになりますけど、そういうことを考えたら変な体勢で落ちちゃうんで本当は危ない技なんです。簡単そうに見えて難しい技です。自分はメキシコで毎日やられてましたから、体で覚えていきました」

 これまでの試合で最高のセントーンを聞いた。

 「それは、ないんじゃないですか。どれがって覚えてないですよ。ただ、いつの試合だったか覚えてませんけど、一番頭にきたのは、橋本(真也)が自分にセントーンをやってきたのは腹立ちましたね。見よう見まねでアイツはやってきましたよ。腹立ちましたけど、試合終わった後に橋本には何も言いませんでしたよ。だって、やるのは本人の自由ですから」

 名前は差し控えるが、ヒロのセントーンを食らってリング上で“漏らした”選手もいたという。そんな伝説を持つ技は、40周年記念試合でも繰り出すことは間違いないだろう。レスラーにとって必殺技は、代名詞であり生き残るための生命線。セントーンという大切な宝物を発掘したメキシコでの日々だったが、離れるときが来る。向かった先は、カナダ・カルガリーだった。(敬称略。続く。取材・構成 福留崇広)

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請