【藤原義雄の南紀直送便】遠投用にまき餌工夫で良型グレ

 秋磯シーズンが開幕した。ただし例年同様、まだまだ水温が高く、餌取りがウジャウジャいる。グレの活性も高いとは言え、好釣果を上げるのは簡単ではない。

 やっかいな餌取りをかわして、いかにグレを仕留めるか―。釣り方とまき餌に工夫が要る。まず、狙うポイントは二つ。サラシ場、そして大遠投して沖を釣る。サラシ場は磯際なので、そう難しくはない。徹底的にサラシの中の浅ダナを一点集中で攻めればいい。まき餌の配合は、そんなに気にしなくてもいい。

 大遠投の沖狙いは、餌取り(足の速いアジ以外)が沖に出て行かない習性を利用する作戦。磯際では餌取りに邪魔されて釣りにくいグレを、沖に動かして食わせるのだ。遊泳力のある大型と出合えるチャンスもある。

 この場合、まき餌には少し工夫が必要。いつもは全解凍で使うオキアミを、半解凍のまま細かく砕いて交ぜる。まとまりがよく、きっちり狙い所に遠投できるようになるからだ。

 次に配合餌。まず、遠投力の高い「イワシパワーグレスペシャル」をベースにする。よくまとまる割に拡散もしてくれる優れ物だ。この時期はグレの釣れるタナが浅いので、ダンゴ状になって一気に沈むまき餌では具合が悪い。さらに、グレの食い気を上げるために「のりグレ」も入れる。のりが海面直下を漂い、一層タナが浅くなって釣りやすくなるという寸法だ。また、集魚力と拡散性に優れた「グレパワーV9スペシャル」、まとまりがよくて拡散性もある「遠投ふかせTR」(いずれもマルキユー社製)を追加して遠投力もアップ。遠投能力のあるまき餌シャクを使えば30メートルは優に飛ぶ。この配合を次の釣行でぜひ、試して欲しい。

 ※毎月第1木曜日に掲載。

 藤原さんのまき餌(大遠投の場合) オキアミ(半解凍)9キロにマルキユーの「イワシパワーグレスペシャル」2袋、「のりグレ」、「グレパワーV9スペシャル」、「遠投ふかせTR」を各1袋ずつ混合。

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請