シーズンまっただ中! アオリイカ来たっ…福井・小浜市泊

やっとの思いで釣れたアオリイカに思わずにんまりする大塚記者
やっとの思いで釣れたアオリイカに思わずにんまりする大塚記者
大型チヌを仕留めドヤ顔の守武さん
大型チヌを仕留めドヤ顔の守武さん

 暑さも和らぎ、釣りをするには絶好の季節がやってきた。美しい景色を見ながらのんびり竿を出すにはイカダ釣りが最高。釣れる魚種が豊富なのも頼もしい。五目釣りを楽しもうと9月26日、福井・小浜市泊の報知フィッシィングクラブ(FC)「はとう渡船」を訪れた。

 今回の釣行は3つの目的を持って、午前4時30分に出船。大阪にはない無数の星が輝く夜空を見上げながら達成への時間割を整理していると、間もなく陸地近くのイカダに到着。水深は4~5メートル。いよいよ本番だ。

 1時限目「朝マズメのアオリイカ」。東の空が薄く赤みが差してきた頃、イカダから真下に2・5号のエギを投入。着底後にしゃくりを入れてアピールを続けていると、底で「クン!」とした重みが手に伝わった。「乗った」。期待に胸を躍らせながらリールを巻き上げると、小型のマダコ。タコ釣りでイカは掛からないが、イカ釣りではまれにタコが掛かると聞いたことがある。そのまれが今ここで起こるとは…。

 その後は誘っても誘っても乗ってくれない。向かいのイカダで何度か竿を曲げていた人の釣り方をまねてみたが、こちらは音沙汰なし。気がつくと太陽は高く昇り、マズメの時間帯はとっくに過ぎていた。

 それでも諦めきれずにしゃくる! しゃくる! しゃくる! すると、「あれ?」着底する頃なのにラインが緩んだままだ。「乗った」。巻き上げると、今度は正真正銘の胴長10センチほどのアオリイカ。かわいい♪ 海水を張ったバケツにいったん放り込んで2匹目を狙った。が、後は続かなかった。向かいのイカダの釣り人は竿を置いて寝転がってるし。もう見当たらないのだろう。

 「ならば食おう!」。さっき釣り上げたのを取り出そうと、スミで真っ黒になった水の中に手を入れ探るもどこにもいなかった。アオリイカ逃亡。

 2時限目「日中のチヌ」。沖のイカダに移動し、まずはまき餌のダンゴを投入。ポイントが仕上がるまで同行者が釣ったアオリイカをおかずに昼食タイム。歯ごたえがあってほんのりとした甘みがとてもおいしい。青い空と海に挟まれながらの食事だとなおさらだ。

 そして釣り開始。されど、待てど暮らせどチヌは寄って来ず、不発に終わった。

 3時限目「昼下がりからのアジ」。しかしここでアクシデント発生。釣りの準備をしていると、うかつにも指を負傷してしまった。痛い。予定を早め、午後2時30分に無念の強制終了となった。

 自身の釣果は寂しいものに終わったが、他のイカダでは25~30センチのアジが釣れていた。「それも午前6時半には止まったようだ」と波涛正美船長。「うむ。朝マズメに狙うはアジだったか」。

 小浜湾ではアオリイカ釣りのシーズン真っただ中。この日は胴長20センチものアオリイカが釣れており、波涛船長も「今の時期は初心者でも釣りやすい」と太鼓判。良型のアジも釣れており、秋空の下でファミリーフィッシングにも最適だ。

(大塚 真哉)

 ○…コン、コン、グイーン! 竿先が海に引き込まれそうになり、反射的に竿を上げた。格闘すること数分。ようやく浮き上がらせたのは51・2センチのチヌだった。「強い引きに耐えるばかりで、しばらくはリールを巻くことができなかった」と初のチヌ釣りで年なしをゲットし、守武麻由子さん(寝屋川市)は大興奮。釣りを始めて2年。陸っぱりが中心で、イカダ釣りは今回で2回目。ズシリとした重みを両手に感じながら「陸からだと小さいのしか釣れなくて。とにかく大きいサイズを釣ってみたかった」と念願の大物を仕留め、目尻を下げた。

 ◆問い合わせ 「はとう渡船」(TEL0770・52・4345、船長携帯090・5689・0539)へ。ホームページあり。

 ◆料金 イカダ大人1人3800円、子供1人(小学生以下)2000円、磯4500円。

 ◆時間 日の出~日没。時期によって異なるので要確認。

 ◆その他 貸し道具(有料)、無料仮眠所完備

やっとの思いで釣れたアオリイカに思わずにんまりする大塚記者
大型チヌを仕留めドヤ顔の守武さん
すべての写真を見る 2枚

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請