馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

藤田菜七子、JRA女性騎手初の重賞V 東京盃コパノキッキングで優勝

藤田菜七子騎手
藤田菜七子騎手
パドックで藤田菜七子に塩をかける小林祥晃オーナー(カメラ・池内 雅彦)
パドックで藤田菜七子に塩をかける小林祥晃オーナー(カメラ・池内 雅彦)

◆第53回東京盃・交流G2(10月2日・ダート1200メートル、大井競馬場、良)

 ダート短距離の交流G2はJRA所属馬5頭を含む15頭によって争われ、JRAのコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎、父スプリングアットラスト)が優勝。騎乗した藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=はデビュー4年目で、JRA所属の女性騎手として重賞初制覇を達成した。

 同騎手の重賞騎乗はJRA、地方交流を合わせて24度目で、これまでの最高成績はコパノキッキングで臨んだ今年4月の東京スプリント・交流G3の2着だった。

 東京盃を優勝したコパノキッキングには、JBCスプリント・交流G1(11月4日、浦和)への優先出走権が与えられた。

藤田菜七子騎手
パドックで藤田菜七子に塩をかける小林祥晃オーナー(カメラ・池内 雅彦)
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請