【DeNA】冷蔵庫パンチのパットンが練習試合で先発 1回無失点でCS参戦アピール

スポーツ報知
パットンは1回を3人で抑える完全投球後、8月にパンチをして破壊した冷蔵庫の前で試合を見つめた

 ベンチの冷蔵庫を殴打して右手小指を骨折し、戦列を離れていたDeNAのスペンサー・パットン投手(31)が2日、横浜スタジアムで行われた社会人・三菱日立パワーシステムズとの練習試合に先発登板。1回を内野フライ3つで無安打無失点にまとめ、5日から始まるCSでの復活登板をアピールした。

 パットンは8月3日の巨人戦(横浜)で、自身の投球内容への不満などから一塁ベンチの冷蔵庫を素手でグーパンチ。「右手第5中手手根関節脱臼骨折」と診断され整復手術を受けた。球団からは処分として罰金500万円と野球親交活動への参加を科されていた。

 CS第1S開幕3日前の実戦復帰。ラミレス監督が「状態を見たい」と送り出した先発マウンドで、打者3人に計10球。最速は145キロだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×