左胸負傷の貴景勝、16日の浜松市巡業から途中合流の意向

師匠・千賀ノ浦親方(左)と話し合う貴景勝(右後方は貴源治)
師匠・千賀ノ浦親方(左)と話し合う貴景勝(右後方は貴源治)

 大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で大関に復帰する貴景勝(23)=千賀ノ浦=が2日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で朝稽古。若い衆を背負ったスクワットで下半身を強化したのに加え、秋場所優勝決定戦で負傷した左大胸筋に軽く負荷をかけるトレーニングも行い、順調な回復ぶりをアピールした。

 5日から始まる秋巡業は初日から休場するが、「(16日の静岡・)浜松巡業から入れれば」と途中合流する意向を示した。

 内出血した患部は赤紫色で痛々しいが、「内出血する前は痛かったが今は大丈夫。ケガしたときは(加療6週間の診断で秋巡業参加は)無理だと思っていたけど、出られればいいなという感じ。昨日よりも状態はいい。巡業には巡業の空気がある。相撲を取らないにしても、関取衆の稽古を見るだけでもいい」と前を向いた。

 さらに、「巡業にしか来られない人もいる。(右膝負傷で)夏巡業も休ませていただいたので、ファンの方に顔を見せるのも仕事だから」と、角界の看板力士としての自覚もにじませた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請