多部未華子、写真家・熊田貴樹氏と結婚…出会って3年、30歳節目に

多部未華子
多部未華子
今年結婚した主な女優
今年結婚した主な女優

 女優の多部未華子(30)が1日、写真家の熊田貴樹(くまだ・たかき)氏との結婚を所属事務所を通じて発表した。

 若手実力派の多部ちゃんが電撃ゴールインした。多部はこの日、報道各社に直筆の署名入りのファクスを送付し結婚を報告。「私事ではございますが、私多部未華子は、かねてよりお付き合いをしておりました写真家の熊田貴樹さんと結婚いたしましたことをご報告させていただきます。3年前に撮影の場で知り合い、交際に発展し結婚という運びになりました」とつづった。

 所属事務所によると、婚姻届を提出した日取りなどは公表しないというが、多部は先月20日にヒロインを務めた映画「アイネクライネナハトムジーク」が封切られ、同27日に、話題を呼んだNHKの主演ドラマ「これは経費で落ちません!」が最終回を迎えたばかり。大きな仕事を終えたタイミングでの結婚発表になったとみられる。結婚会見などは予定していない。

 お相手の熊田氏は広告やモード雑誌などを中心に活躍するフォトグラファー。柔和な笑顔が印象的なイケメンで、女優やモデルからの信頼も厚いが、多部とは交際報道さえ出ていなかった。

 多部はこれまで、インタビューなどで「30歳までは独身を楽しみたい」といった趣旨のコメントをしていたが、今年1月に30歳を迎えた。最近では舞台あいさつなどでも「30歳になって自分の大切なことを言えるようになった。気持ちが楽になった」と話しているように、30歳の節目に人生を熊田氏とともに歩んでいくことを決めたようだ。

 多部はすでに次作の撮影準備に入っているといい、今後も仕事を続けていくという。「今日に至るまで公私共に沢山の方々に支えていただきましたことを、心より感謝しております。これからも温かく見守っていただけましたら幸いです」と結んだ。

 ◆多部 未華子(たべ・みかこ)1989年1月25日、東京都生まれ。30歳。東京女子大卒。2002年スカウトされ、04年WOWOWドラマ「理由」で女優デビュー。映画「HINOKIO」「青空のゆくえ」で05年ブルーリボン賞新人賞。09年NHK朝ドラ「つばさ」でヒロイン。11年、日テレ系「デカワンコ」で民放連ドラ初主演。11月7日にはKAAT神奈川芸術劇場で公演開始の舞台「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」で主演する。158センチ。血液型O。

多部未華子
今年結婚した主な女優
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請