【DeNA】浜口が紅白戦で2回4失点 CS第1Sでの復活登板は見送りか

スポーツ報知
先発し2回を投げた浜口遥大(カメラ・生澤 英里香)

 右股関節を痛めてシーズン終盤は戦列を離れていたDeNAの浜口遥大投手(24)が1日、横浜スタジアムで行われた紅白戦で先発。ポストシーズンでの本格復帰を目指してのテスト登板だったが、2回7安打4失点と打ち込まれ、5日から阪神と戦う第1Sでの登板は厳しくなった。

 阪神とはプロ入り3年間で6勝3敗と相性がいいだけに、“秘密兵器”の期待もかかる左腕。「(CSへの)アピールの場ととらえていた」と、気合を入れてマウンドに上がったが、初回に四球と2本の安打で1点を失うと、2回には5安打に自身の失策もからんで3失点と結果を残すことはできなかった。

 降板後は「すべてのボールの精度がよくなかった。コンビネーションも使えなかった。ちょっと悔しい」と浮かない表情。復活へ暗雲が立ちこめる内容に「やることをやって、あとは(1軍に)呼ばれるかどうか」と、トーンは上がらなかった。

 ラミレス監督も「スピードもあまり出ていないし、精度もよくなくて球数が多かった。もう少し時間が必要かな」と、第1Sでの投入には消極的だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×