戸田恵梨香主演「スカーレット」初回視聴率は20・2% 朝ドラ5作連続の大台超え発進

戸田恵梨香
戸田恵梨香

 9月30日に放送された女優・戸田恵梨香(31)主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜・前8時)初回の平均視聴率が20・2%だったことが1日分かった。

 朝ドラの初回としては前作「なつぞら」22・8%、2018年後期「まんぷく」23・8%、同前期「半分、青い。」21・8%、17年後期「わろてんか」20・8%に続き、5作連続の20%大台超え発進となった。

 101作目の朝ドラで、信楽焼の産地として知られる滋賀県甲賀市を舞台に、男性ばかりの世界で奮闘する女性陶芸家のヒロイン・喜美子(戸田)の奮闘を描く物語。

 喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が演じ、幼なじみ役で大島優子らが出演する。主題歌は女性ボーカル・越智志帆によるソロユニット「Superfly」が歌う「フレア」。

 制作統括の内田ゆき氏は「まずヒロイン喜美子の明るさ、優しさ、強さ。モノを創り出す面白さや難しさ、周囲の人々とのつながりの大切さ、失敗や挫折を乗り越えて、一生懸命生きることのすばらしさ。戸田恵梨香さんを中心にチーム一丸となって、スカーレットの炎の熱とぬくもりをもって、お届けしたいと思います。これから花開くヒロインの成長を、楽しく見守り応援していただける半年間になるよう頑張ります」とコメントした。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請