藤井聡太七段、第69期王将戦の挑戦者決定リーグで白星発進 三浦弘行九段に勝利

三浦弘行九段に勝利した藤井聡太七段
三浦弘行九段に勝利した藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が30日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第69期王将戦の挑戦者決定リーグで三浦弘行九段(45)に先手番の135手で勝ち、史上最年少でのタイトル挑戦に向けて好発進した。

 8月の初手合では敗れていた三浦九段との一局。「鋭い手を多く指されるので読み負けないように」との心構えで臨んで勝利。リベンジを果たしたが「良いスタートが切れたかなあとは思いますが、早いペースが対局が続きますし、大変な強敵ばかりなので気を引き締めてやっていけたら」と次戦を見据えた。

 藤井七段以外の6人全員が順位戦A級(名人含む)に属する超難関リーグ。藤井七段は10月7日に豊島将之名人(29)、同21日に羽生善治九段(49)との対戦が確定。渡辺明王将(35)=棋王、棋聖=への挑戦権獲得までは険しい道のりが続く。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請